すっぽんを摂取した時に期待出来る効果

すっぽんの効果

 

すっぽんは亀の一種で川や湖で生息していて日本では食用品として扱われていてすっぽん鍋などが代表的なすっぽん料理です。またすっぽんのサプリメントなども出ているので摂取する方法も幅広くなってきています。そこですっぽんを摂取した時に期待出来る効果を見ていく事にしましょう。

 

すっぽんにはタンパク質の一種であるコラーゲンがたくさん含まれているので美肌効果が期待出来ます。コラーゲンが不足してしまうと肌の弾力が失われてシワやシミが出てきてしまいます。そこですっぽんを摂取しておけばコラーゲンを補う事が出来るので肌に弾力性が出てきて潤いのある若々しい肌を維持していく事が出来るようになります。

 

すっぽんには中性脂肪やコレステロール値を低下させる栄養素がたくさん含まれています。中性脂肪やコレステロール値が下がれば血液の流れが良くなって必要な栄養素が全身に行き渡りやすくなります。また血液もサラサラになるので生活習慣病や成人病を予防する事にも繋がっていきます。

 

すっぽんにはカルシウムもたくさん含まれているので骨を強化する事も出来ます。年齢を重ねてくると骨も衰えてくるのですっぽんを摂取しておけばカルシウムを補う事が出来るので丈夫な骨を維持していく事が出来ます。

 

夏の滋養強壮ならすっぽん?うなぎ?

夏の暑い時期は、外出が辛いですよね。5分位は笑顔で歩けるけれど、10分後には目が死んで…。体力がなくなっていくのが分かります。

 

そんな時に頭に浮かぶのは「滋養強壮」。「滋養強壮」と言えば、手軽なのはウナギ。でも、より高い効果を狙うなら「すっぽん」なんです。

 

どう滋養にいいかと言えば、まず含まれる栄養素の種類が豊富。ビタミンや鉄分がたくさん含まれています。

 

ビタミンは、ビタミンD、ナイアシン、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA。
特にビタミンB1は多く、その不足はイライラ感や疲労感を感じさせますので、取っておきたい栄養素ですね。

 

 

また、アミノ酸が豊富なために、必要な栄養素を効率よく摂取できるという効果もあります。かつ、カルシウムやコラーゲンもたっぷりなので、女性の悩み、骨密度の低下防止や美肌効果も付いてきます。アンチエイジングも同時並行にできる、優れものです。

 

そして、食べる時の豆知識。優れもののすっぽんですが、一つ欠けているのが、ビタミンCです。ビタミンCを含む野菜を一緒に食べることで、バランスアップ!

 

笑顔で猛暑を乗り切りたい方、お勧めです。「滋養強壮」を効率よく手に入れるには、すっぽんです!

 

体がよろこぶすっぽんの効能

すっぽんは古くから、中国や日本で滋養強壮の効果があるとして、食されてきました。特徴はアミノ酸、ビタミンミネラルを豊富に含んでいるところにあります。

 

アミノ酸は、私たちの体の臓器、筋肉などのもとになるタンパク質を構成しており、体の20%を占めているともいわれています。タンパク質を構成する20種類のアミノ酸ですが、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンは体内で生成されません。その成分をふんだんに含んでいるのが、すっぽんです。毎日元気に体を動かすには、必要不可欠なものが沢山含まれています。

 

また、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸)、カルシウム、鉄も豊富に含んでいます。貧血の予防や骨を強くしたり、心臓の働きを助けてくれる効果もあります。

 

さらに良いことに、すっぽんは低カロリーな食材です。100gあたりは197kcal、お鍋料理では300?400kcal程度です。アミノ酸が豊富で低カロリーなので、ダイエットにも最適なのです。体にはリパーゼという脂肪燃焼酵素があり、脂肪を分解する働きをします。そのリパーゼの働きを活性化するのがアミノ酸です。さらに有酸素運動をし、体温を上昇させるとリパーゼは活性化され、ダイエット効果が高まります。

更新履歴