すっぽんの子どもへの効果

すっぽんの料理

すっぽん、といえば大人の食べ物と感じますが、実は子どもにも効果があるということ、ご存知でしたか?
すっぽんの効能で、一番最初に思うのは『滋養強壮効果』じゃないでしょうか?

 

また「美肌効果」も思い浮かびますよね。
だから、家族で外食の時に「すっぽん料理」とは、なかなか思わないでしょうし、子どもには早すぎると考えてしまいます。しかし、すっぽんは薬品ではないので、離乳が始まった子どもから高齢者まで、誰が食べても問題がない食品だそうです。

 

「すっぽんは精がつくから、子どもが食べすぎると鼻血が出る」などと、何の根拠もないことが言われることもありますが、そうした問題も全くありません。
すっぽんには、良質なたんぱく質であり、体内でつくることのできない必須アミノ酸9種類と、一般食品には少ないアミノ酸が19種類も含まれています。

 

栄養面では、ビタミン類、カルシウム、鉄、リンの他、コラーゲンやレシチンも多量に含まれていて、肉よりもバランスがよく、カキよりも豊富な栄養が含まれています。
すっぽんに含まれるアミノ酸などの栄養素は、子どもの発育には特に重要な栄養素なので、むしろ積極的に摂取されることをお勧めします。

 

特に近年、食事の欧米化や偏食などで、子どもに必要な栄養の摂取不足やバランスの崩れた摂取状況だからこそ、今、すっぽんを見直してみませんか?

 

食べると体にいいって聞いたことあるけど、すっぽんの何が良いのか

昔から、滋養強壮にいいと言われているすっぽんですが、最近栄養ドリンクやサプリメントにも、すっぽんと名の付いたものを見かけます。
すっぽんって、亀ですよね!ちょっと抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

 

私もそのうちの一人なので、すっぽんのいいところを知れば抵抗が少しでも無くなるのではないかと思い、調べてみました。
すっぽん100gでカロリーは197kcal。これは、高くも低くもないカロリーです。

 

では、なぜダイエットに効果があるといわれているのでしょうか?

 

ダイエットしたいとき、多くの人がカロリーを気にして食事制限をしていると思います。
しかし、食事を制限しすぎると新陳代謝も悪くなるし、活動する力も減り、肌や体の調子が悪くなります。

 

そんな時に、すっぽんに多く含まれているビタミンB1が糖質を分解するのを助け、エネルギーを作るのに役立つのだそう。
また、細胞の新陳代謝を促進させるビタミンB2や、コラーゲンも豊富なのでお肌にいい!

 

つまり、すっぽんを食べることでダイエット効果があるのではありません。ダイエット中に必要な栄養を摂取する手助けをして、綺麗に痩せるために必要だったのですね。
そういうことなら食べてみてもいいかも、とちょっと興味がわいてきました。

 

余談ですが、すっぽんに噛まれると放さないと聞きますが、抵抗せずじっとしているか、水につけると泳いで放れるのだそうです。

 

すっぽん料理でおすすめは?