どのすっぽん料理が人気なのかリサーチしてみました。

すっぽんの料理

すっぽんはどう料理する?食べ方はどうする?というテーマで、2016年7月21日までの1年以内に日本語で掲載されたWebデータを基にリサーチしてみました。

 

検索リストは生血ワイン割、刺身、塩焼き、まる鍋、雑炊の5項目で調査してみたところ、このような結果が出ました。

 

  • 生血ワイン割は4050ヒットあり、全ヒット数351950の1%を占め5位でした。
  • 刺身は41800ヒットし、全ヒット数351950の12%を占め4位でした。
  • 塩焼きは110000ヒットあり、全ヒット数351950の31%を占め2位でした。
  • まる鍋は54100ヒットあり、全ヒット数351950の15%を占め3位でした。
  • 雑炊は142000ヒットし、全ヒット数351950の40%を占め堂々の1位でした。

 

以上の内容はhttp://researching.webcrow.jp/Affili/Jadge/index.htmlの協力を得て調査しています。

 

すっぽんは滋養強壮や美容にいいとよく聞きますが、私は今までの人生で未だに食したことがありません。

 

雑炊や鍋はよく耳にしますが、刺身はどんな感じなんでしょうか?

 

食べたことがある人からは美味しいと聞きますし、体が温まるとの話も聞くので、是非1度食べてみたいですね。

 

食べログで人気のすっぽん鍋:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13028132/

 

すっぽんの生き血はどのような味がするのか

テレビでよく飲んでいるのをみかけるすっぽんの生き血。滋養強壮、美容効果など効果は抜群のようですが、実際飲んだらどのような味がするのでしょうか。まずは飲み方からご説明します。

 

仮にすっぽんを捕まえたとして、そのまま生き血を飲むというのはNGです。なぜなら寄生虫や菌が繁殖している可能性があるからです。きちんとしたすっぽん料理店にて処理されたものをいただきます。

 

多くの場合、専門店では焼酎、ホワイトリカー等で割ったものを提供されます。そのままの原液はかなり癖があり生臭く、飲みこむことができないからです。また、人間の体は血液そのものが胃にダイレクトに入ると、かなりの負担がかかると言われています。

 

日本酒、赤ワイン、ジュースなどで割ったものも比較的メジャーなようです。気になる味ですが、鉄のような味がし、いかにも血という感じの臭みがある、という方が多くいます。

 

臭みに関しては、さばいて採血をする際にすっぽんが失禁してしまって尿が入ってしまったためという説もありますが、一般的には血そのものを飲んでいる抵抗感やグロテスクさから、好んで飲みたがるひとは少数派のようです。

 

しかし栄養価が高く、女性でしたら貧血予防に、男性でしたら精力増強にいちど試してはいかがでしょうか。

 

すっぽんの効果|女性に人気の秘密を大公開!